未分類

車のことはよくわからない人が、車検を激安で通す方法

車検場

車検の費用って高いですよね。初回の車検が10万円以内で収まっていたのが、年式が古くなるうちに気がつけば20万円を超えていたという話をよく耳にします。

車は生活必需品だから絶対に手放せないけれど、できることなら少しでも安く車検を通せたほうが良いですよね。このページでは、車検費用の内訳を解説したうえで、安く車検に通す方法を紹介していきます。

実際の体験談も踏まえて解説していくので、あなたにあった車検は何かぜひ参考にしてみてください。

車検にかかるお金は「法定費用」と「整備費用」の2つ

車検にかかる費用は大きく分けると2つあります。1つはどんな車検方法を通そうと必ず支払わなければならない「法定費用」です。この費用は節約しようがないお金です。

もうひとつは、実際に車の部品交換や調整などをおこなう「整備費用」です。この費用はどの業者に依頼するかで、金額が大きく変わるため重要になります。

法定費用はいわゆる「税金」

法定費用は、簡単にいえば自動車を乗り続けるうえで絶対に支払わなければならない税金です。この税金の内訳は、以下にある「自動車重量税」と「自賠責保険」の2つです。

重量税と自賠責保険費用の解説

自動車重量税に金額差があるのは、エコカーなのか、新車登録から13年以上経過しているのかなどの条件によって変わってくるからです。

エコカー減税対象 エコカー減税対象外
免税対象者 エコカー
(本則税率)
エコカー以外
13年未満 13年経過 18年経過
0 5,000 6,600 8,200 8,800

この2つ以外にも、申請手数料で1,400円の費用がかかるため、合計で35,000円前後の費用が法定費用としてかかります。

この費用を支払わずに公道を走行すると、法律に違反するため罰金か懲役に課せられます。法定費用ついてはエコカーに買い換えるほか節約する余地がないため、節約は諦めましょう。

整備費用は「部品代や手間賃」

車検でかかるもう一つの費用が整備費用です。整備費用には難しい言葉が並んでいますが、簡単に言えば「部品代や手間賃」だと思ってください。

自動車は車検の前後で24ヶ月点検を受けることが義務付けられています。

車の部品の動きや劣化がないかを検査し、車検に通らないような不具合があれば部品を交換したり、オイルを補充したりするのです。

実は、車検費用の中で一番大きな差が出てくるのがこの整備費用です。

たとえば、自分で部品を交換すれば部品代だけで済みます。しかし、何百キロもあるエンジンを持ち上げなければ交換できないような整備が必要なら、車に熟知した自動車整備士や相応の設備が必要になります。

間違った整備をしてしまうと走行中に大事故を引き起こす恐れがあるため、節約すべきポイントと整備士に任せるポイントの線引きが重要になります。

車検の通し方は全部で3つ

上記で説明した「整備費用」ですが、大まかに分けて3つのパターンに分かれます。

自分で全て整備する→ユーザー車検

必要な整備を必要なだけ依頼→個人経営の整備工場

過剰整備だけど安心→ディーラー

それぞれメリットと、デメリットがあるのでひとつずつ解説していきます。

とにかく激安を求めるなら「ユーザー車検」

無駄な費用を1円も払いたくないのであれば、まず選択肢に入るのが「ユーザー車検」です。

ユーザー車検は自分で車検を通すための申請書を作成し、車検に合格するための整備をした上で車検に通します。

すべて自分でおこなうため、法定費用以外は必要ないため無駄な費用が一切かかりません。後述する他の方法に比べると安く済ませる事ができます。

ただし、不合格になってしまうと整備や調整費用が別途必要になります。調整代が数千円で済む場合もあれば、修理が必要なことが判明して数万円の余計な出費が必要になることもあります。

不合格になってしまったときの費用や手間を考えると、整備工場に任せた方が安く済んでしまう場合もあります。

3年目の車検であれば、交換や整備箇所が少ないので合格しやすいです。はじめてのユーザー車検でも、すんなり合格することは可能でしょう。

ただ、新車登録から5年目以降は整備箇所が増えて不合格になりやすいため、車検場で起きたトラブルに一人で対処ができないのであれば避けるようにしましょう。

ユーザー車検のポイント

メリット:とにかく安い

デメリット:車に詳しくないと合格するのが難しい

車に詳しくないけど、安く済ませたいなら「個人経営の整備工場」

車についてはよくわからないけれど、可能な限り安く済ませたいのであれば個人が経営する自動車整備工場に依頼するようにしましょう。この工場は街なかの至るところにあります。

個人経営の整備工場は後述するディーラーと違い、メーカーとのしがらみがないため部品の選定や整備内容の自由度が高いです。

ユーザー車検に比べると技術料や設備の利用料がかかるデメリットはありますが、車に詳しくない人が車検費用を安く済ませたいのであればこの方法がベストと言えるでしょう。

個人経営の整備工場のメリット・デメリット

メリット:安くて品質の良い部品を使うためコスパ抜群

デメリット:お店選びが難しい

 

高くてもいいから、信頼できるサービスを受けるなら「ディーラー」

まったく激安ではありませんが、一応解説だけはしておきます。価格は気にせず信頼できる車検を受けるならディーラーを選びましょう。

たとえば、ディーラーはメーカー指定の部品を交換部品として使います。また、部品がまだ使い続けられる状態でも、次の車検までに壊れることが無いように積極的に新しい部品に交換していきます。

そのため、ディーラーの整備は安心だと言われるのです。

ただし、ディーラーはメーカー指定の高級部品や、人件費が高い整備士、最新の設備の購入費用が車検代に反映されます。そのため、車検の総額費用が飛び抜けて高くなってしまうのです。

ディーラー車検のメリット・デメリット

メリット:安心感がある

デメリット:と車検費用の総額が高い

まとめ

激安で車検を通すのであれば、車の知識をつけた上でユーザー車検を受ければ安く車検を通すことができます。

ただ、数万円の整備代をケチって乗り続けた結果、大事故に繋がり100万円を超える修理が必要になる可能性があることも忘れてはいけません。

必要な整備を必要なだけおこない、余分な整備は行わないようにして費用を節約するようにしましょう。

車検費用や整備内容で車検業者を比較しよう!

車検を依頼するときに、適当にお店を選んでいる人が多いです。

でも、これってかなりもったいないです。場合によっては車検で何万円も損するなんてことになりかねません。

たとえば、決済方法が「現金のみ」なのか「クレジットカード対応」なのかによって、1,000円以上得することもあります。

たとえば、1%還元のクレジットカード払いができれば10万円分の決済をして、1,000円分戻ってくるんです。

また、見積もり無しで車検を実施されて、無駄な部品を付けられて総額が価格が跳ね上がったり、代車が無料だと思っていたら有料だったなんてこともあります。

無駄な部品を付けられて、総額が5万円以上高くなるなんてこともありえるのです。

このように、車検は「お金」「整備内容」を比較して依頼することが大切になります。

たとえば、楽天車検なら全国の車検に対応している整備工場からあなたの予算や整備内容に合致した優良業者を見つけることができます。

また楽天カードを持っていればポイントをゲットできるため、適当に車検に通すよりもかなりお得です。

車を持つ以上、絶対に車検を受けなければいけないのであれば、少しでもお得な方が良いですよね?
楽天車検で今すぐ車検工場を探す!